Home  >  部品名の由来 自動車用語一覧  >  用語別




エンジン engine - 由来と語源と意味

エンジンはラテン語で「才能」「賢さ」を意味するインゲニウム (ingenium)が語源である。1300年頃のフランスではenginと表記し「戦争で使われる機械」を指すようになり、その後、仕掛け (trick)、 器具 (device)、機械 (machine)を指して用いられた。18世紀には「エネルギーを動力に変えるもの」という現代と同じ意味で使われるようになった。




ボディタイプ
部品名
インフラ
その他用語
null
null
null
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.