Home  >  部品名の由来 自動車用語一覧  >  用語別




ハイオクガソリン high-octane gasoline - 由来と語源と意味

ハイオクはハイ・オクタン価の略である。ガソリンは主に「C8H18」という石油成分から出来ており、その殆どはオクタンという存在で結合しているが、中にはイソオクタンという構造で結合した「C8H18」が存在する。イソオクタンの割合が高いガソリンをハイ・オクタン価のガソリンと呼ぶ。オクタン価は96以上と定義されている。一般的にハイオクの方がレギュラーよりも燃えにくく、燃焼時の高い圧縮に耐えることで異常燃焼を抑えられる特徴を持つ。海外では通常、プレミアム(ガソリン)と呼ばれることが多い。
ガソリンはガス (英語:gas)とアルコールやフェノール類の接尾辞である「ol」と不飽和炭化水素の接尾辞である「ine」の組み合わせに由来する。


high-octane_gasoline high-octane_gasoline


ボディタイプ
部品名
インフラ
その他用語
null
null
null

Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.