Home  >  チェコ車 エンブレム・ロゴの由来 一覧

Language English - Japanese  


日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア




チェコ - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

会社名・ブランド名 由来・意味・歴史

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。

シュコダ


ŠKODA

シュコダエンブレム










シュコダのエンブレム・ロゴの「ウイングド・アロー (羽の生えた矢)」には次のような意味がある。
外側の円:製品の普遍性と完全性、地球、世界
羽:技術の進歩
矢:進歩的な製造方法
小さな丸 (目) :製品の正確さ、視野の広さ
黒色:100年を超える歴史
緑色:環境への配慮

社名・ブランド名の「シュコダ」はチェコスロバキア最大の財閥であったシュコダ財閥の創業者であるエミール・フォン・シュコダの名前に由来する。

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。


Language English - Japanese  


Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.