Home  >  スウェーデン車 エンブレム・ロゴの由来 一覧

Language English - Japanese  


日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア




スウェーデン - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

会社名・ブランド名 由来・意味・歴史

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。

ケーニッグゼグ


Koenigsegg

ケーニッグゼグエンブレム










ケーニグゼグのエンブレム・ロゴは創業者クリスチャン・フォン・ケーニグセグの家系に12世紀から伝わる紋章を基に、クリスチャンの幼馴染みだったグラフィック・デザイナーが制作したもの。
ケーニッグゼグは1994年に設立されたスウェーデン発祥のスーパーカー製造企業である。自動車業界とは関わりの無い経歴を持つクリスチャンが5歳の頃からの夢であった理想のスポーツカー作りを実現するために創立された。
社名・ブランド名の「ケーニグセグ」は創業者であるクリスチャン・フォン・ケーニグセグの名前に由来する。

サーブ


SAAB

サーブエンブレム










サーブのエンブレム・ロゴはギリシャ神話のグリフィン:英語 (グリフォン:フランス語)に由来する。1968年にトラック・バスメーカーのスカニア-VABIS社 (Scania-VABIS) と合併し、サーブ・スカニア社 (SAAB-SCANIA AB) となった。その後の1987年、スカニア社で伝統的に採用されてきたグリフィンのデザインがサーブでも採用された。
社名・ブランド名の「サーブ (SAAB)」はスウェーデン語の「Svenska Aeroplan AB (スウェーデン航空機会社)」の略である。この名称は同社が1937年に設立された当初に航空機を製造していたことに由来する。

スカニア


SCANIA

スカニアエンブレム










スカニアのエンブレム・ロゴはギリシャ神話のグリフィン:英語 (グリフォン:フランス語)に由来する。グリフィンは空の象徴である鷲の頭と翼、陸の王者であるライオンの体を持つと言い伝えられている。1901年に初代エンブレムが誕生したときからこのグリフィンが描かれている。エンブレムの外側の円と逆三角形状の組み合わせはスカニア社が1891年の設立当初から数十年に亘って製造していた自転車のチェーンホイールに由来する。
社名・ブランド名の「スカニア」は本社があるストックホルム県セーデルテリエ市の地方名スコーネ (英語 scania, スウェーデン語 Skåne)に由来する。

ボルボ


VOLVO

ボルボエンブレム










ボルボのエンブレム・ロゴ(♂)は中世ヨーロッパの錬金術師たちが用いた鉄のシンボルであるハーフクロス(半斜線)とベアリングの形状に由来する。このシンボルは別名「アイアンマーク」とも呼ばれる。スウェーデンは昔から高品質な鋼の製造で有名であること、ボルボの母体は世界的なベアリングメーカーSKFであることから、ボルボと鉄の深い関係性がエンブレムのデザインで表現されている。なお、アイアンマーク♂は軍神マルスを表す表意文字に由来し、日本でも見かける男性マーク♂もこの軍神マルスの表意文字が由来になっている。
社名・ブランド名の「ボルボ」はラテン語で「私は廻る」を意味する「volvere」に因んで命名された。

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。




 Home  >  スウェーデン車 エンブレム・ロゴの由来 一覧

Language English - Japanese  


日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア

Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.