back to main page

日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア




フランス - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

会社名・ブランド名 由来・意味・歴史

ヴェンチュリー


VENTURI

https://www.carnameemblem.com/venturi_emblem_1.jpg
https://www.carnameemblem.com/venturi_emblem_2.jpg
https://www.carnameemblem.com/venturi_emblem_3.jpg


(1985)

(1989)

(2000)




ヴェンチュリーのエンブレム・ロゴには白隼が狩猟用のグローブに乗っている様子が描かれている。V字に羽を広げた白隼はパワー、スピードの象徴であり、グローブはその力を人間がコントロールできるということを表現している。配色の青、白、赤はフランス国旗を彷彿とさせる。

1984年、フランスの自動車会社 ユーリエで働いていたエンジニアのクロード・ポワローとジェラール・ゴッドフロイによってMVS (Manufacture de Voitures de Sport = スポーツカー製造会社 の意味)が設立されてからヴェンチュリーの歴史は始まった。1984年のパリモーターショーでは、最初のプロトタイプモデル「Ventury」が発表された。このモデル名のスペルは「Venturi」ではなく、最後の文字が「y」となっていた。パリモーターショーは、後にセールスマネージャーに就任する実業家兼フェラーリ愛好家であるエルベ・ブーランと出会うきっかけにもなり、1986年に「Venturi」の名で量産モデルが発表されたのもエルベ・ブーランが、スペルの最後を「i」に変えるようにと意見したためである。
1985年9月、社名「MVS」が描かれた初代エンブレムはジェラール・ゴッドフロイにより生み出された。エンブレムの背景には会社・ブランドの発祥の地であるペイ・ド・ラ・ロワール地方を表すシンボルの赤が使われており、赤い楕円形は太陽を彷彿とさせる。
1989年、グザヴィエ・ドゥ・ラ・シャペルがCEOに任命され、社名は「MVS」から「Venturi (ヴェンチュリー)」に変更された。同時にエンブレムデザインも一新され、青、白、赤と白隼のエンブレムが誕生した。
2000年、ヴェンチュリーは経営破綻し、モナコの実業家 ギルド・パッランカ・パストールに買収された。本社をモナコに移転した上で、経営方針が大きく変更され、電気自動車事業に注力することとなった。また、同時に新しいV字デザインのエンブレムが誕生した。新しいエンブレムが誕生したものの、カーレースでの輝かしい過去を忘れないようにとの意味合いで白隼のエンブレムの使用は継続された。車両に装着される際は新しいV字のエンブレムと白隼のエンブレムは上下に並べて配置される。
2004年、ヴェンチュリーは世界初の電動スポーツカーとなる「Fétish」を発表した。

社名の「Venturi」及び、プロトタイプのモデル名の「Ventury」の明確な由来は分かっていないが、冒険を意味する英語「venture」や流体力学で用いられる「ベンチュリ効果」を彷彿とさせる。元々「Ventury」であった名称をエルベ・ブーランが「Venturi」に変えたいと意見した理由として、「Ventury」のままだと世紀を意味する英語「century」を彷彿とさせるため、最後を「i」に変えてヨーロッパ風にしたかったという意図があったと言われている。

シトロエン


CITROËN

https://www.carnameemblem.com/citroen_emblem.jpg



(XXX) *1





*1 YYY


シトロエンのエンブレム・ロゴの「ダブル・シェブロン」はV字型のミゾを持つ歯車(ヘリカルギヤ)に由来する。創始者アンドレ・シトロエンが最初に手がけたのは自動車ではなく、V字型のミゾを持つ歯車(ヘリカルギヤ)の生産だった。ギヤ生産の事業で基礎を築き、1919年に最初のシトロエンの名を冠した自動車が誕生した。

ディーエス
オートモビルズ


DS AUTOMOBILES

https://www.carnameemblem.com/ds_emblem.jpg




(XXX) *1





*1 YYY


DS AUTOMOBILESのエンブレム・ロゴは社名のDSを象っている。DSはPSA(Peugeot Societe Anonyme)グループの高級車ブランドである。2009年初にシトロエンの高級サブブランドとして発足し、2015年にシトロエンから独立して単独のブランドとなった。DSの意味には様々な説があり、Different Spiritの略、Distinctive Seriesの略、Desiree Specialeの略、シトロエンが1955年に発表した車両であるシトロエンDSの開発コードの略、または同じ発音の「女神」という意味のフランス語「deesse(デエス)」を意味している等、いずれの説が正しいか詳細は明らかにされていない。

ブガッティ


BUGATTI

https://www.carnameemblem.com/bugatti_emblem.jpg




(XXX) *1





*1 YYY


ブガッティのエンブレム・ロゴは赤いオーバルの中にブランド名のBUGATTIが象られ、その上部にあるEBの文字は創業者ETTORE BUGATTI(エットーレ・ブガッティ)のイニシャルに由来する。周囲の60個のドットは豪華さを象徴する真珠という説と、エンジンのガスケットが欠乏して使うことになった安全ワイヤーという説がある。1909年にエットーレ・ブガッティは自分自身で自動車を設計し、80km/hのスピードが出る車を製作した。ブガッティ10型は赤いオーバルのブガッティプレートをつけた最初の自動車である。

プジョー


PEUGEOT

https://www.carnameemblem.com/peugeot_emblem.jpg




(XXX) *1





*1 YYY


プジョーは1810年頃鋼材工場として誕生したのが始まりで、プジョー製のノコギリ等には品質の証として「ライオンの歯のような(刃の強さ)」 「ライオンの体躯のような(刃のしなやかさ)」 「ライオンの走りのような(速い切断速度)」の3つを意味するライオンマークが付けられており、これが現在のプジョーのエンブレム・ロゴの起源と言われている。また、プジョー発祥の地であるフランス東部のフランシュ・コンテ地方の紋章「青地に金獅子」が由来という説もある。最初の「ライオン」が彫刻師Justin Blazerの手によってできたのは1847年。 それをリファインして1850年から様々な製品のトレードマークとして使われるようになった。プジョーのライオンはその後、右向きになったり、頭だけになったりと何度か形を変えている。現在のライオンは「ブルーライオン」と呼ばれ、プジョーファンに親しまれるとともに2006年8月までは日本のディーラー名としても使われていた。

ルノー


RENAULT

https://www.carnameemblem.com/renault_emblem.jpg




(XXX) *1





*1 YYY


ルノーのエンブレム・ロゴの菱形は「ルノーダイヤモンド」と呼ばれており、ルノー車の品質の高さやダイナミズムを表している。エンブレムのデザインは1898年から現在まで8回変わっており、現在のエンブレムの原型は1925年に以前の丸いエスカッシャン(盾形紋)を豪華さと技術、上品さと合理性が結びついたロザンジュ(菱形)に変形させて誕生した。現在のエンブレムは2004年より使用されている。

※名称をクリックすると画像検索結果が表示されます。







日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
back to main page
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.