Home  >  日本車 エンブレム・ロゴの由来 一覧

Language English - Japanese  


日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア




日本(国産車) - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

会社名・ブランド名 由来・意味・歴史

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。

トヨタ


TOYOTA

トヨタエンブレム トヨタエンブレム トヨタエンブレム トヨタエンブレム トヨタエンブレム

1935

1935

1936

1936

1989

トヨタエンブレム



2009






【エンブレム・ロゴの由来】

トヨタのエンブレム・ロゴのタテ・ヨコに組み合わされた内側の二つの楕円はトヨタの「T」、外の楕円はトヨタをとりまくお客様や世界を象徴。その背後の空間はトヨタの先進技術のグローバルな広がりと未来へ翔ける無限の可能性を意味する。また、二つの中心を持つ楕円は「ユーザーの心」とトヨタの「クルマづくりに対する心」が信頼感でひとつに結ばれていることを表現している。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

1933年9月、豊田自動織機製作所内に自動車部が開設されたことからトヨタ自動車の歴史は始まった。1935年8月に誕生したG1型トラックにはシャチホコと豊田を組み合わせたボンネットマスコットとTOYODAのエンブレムが装着され、翌年の1936年4月に誕生したAA型乗用車には翼と豊田を組み合わせたボンネットマスコットとTOYODAのエンブレムが装着された。
1936年夏、公募により社名は「トヨダ」から「トヨタ」に変更され、1936年9月に発表されたAB型フェートンには初めてカタカナのトヨタエンブレムが装着された。
1937年8月には豊田自動織機製作所のある刈谷町から愛知県西加茂郡挙母町 (後の豊田市)に引っ越し、トヨタ自動車工業株式会社が設立される。
日中戦争および太平洋戦争中は主にトラックや乗用車を生産し、陸軍の要請で航空機用エンジンを製造するために川崎重工業との合弁で東海航空工業 (後のアイシン精機)を設立した。
戦後の1950年、経営危機を迎えるがその教訓として改善 (カイゼン)の思想や「必要な物を、必要な時に、必要な量だけ生産する」ジャストインタイム、カンバン方式が考案され、トヨタ生産方式の基礎が作られた。
1955年以降はクラウンの王冠マークやコロナの光冠マークなどを皮切りに様々な種類の車種専用エンブレムが誕生する。縮小傾向はあるものの車種毎にオリジナルデザインのエンブレムを採用する文化は現在でも続いている。
1982年7月、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併し、現在のトヨタ自動車株式会社が誕生。トヨタグループ内では「TMC」と略称される。
1989年は高級ブランド「レクサス」が立ち上げられた年だが、現在のトヨタロゴが誕生した年でもある。ロゴは「新しいトヨタが走り始めます」のキャッチコピーで宣伝され、初代セルシオから新トヨタエンブレムが装着されていった。2009年から販売開始した三代目プリウスではハイブリッド車専用エンブレムとしてブルーで縁取られたトヨタエンブレムが採用されている。
2008年、リーマン・ショックの影響でトヨタは58年ぶりの赤字に転落したが、GMの販売台数の落ち込みが激しく、897万2,000台を販売したトヨタグループが初めて販売台数世界一となる。
2015年に車両の開発方針である「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を導入。プラットフォームやエンジンを中心とした部品群の共通化とモジュール化を進めることで大幅な原価低減を実現した。
2017年にはスポーツカーブランド「GR」が誕生する。GRは「GAZOO Racing」の略であり、2010年に誕生した「G's」が前身である。


【社名・ブランド名の由来】

社名・ブランド名の「トヨタ」は創業者である豊田佐吉の名前「豊田 (トヨダ)」に由来する。
1936年夏に行われた新トヨダロゴの公募にて約27000点の応募の中から選ばれたのは「トヨタ」であった。「トヨダ」よりも「トヨタ」の方が濁音が無く、さわやかで言葉の調子もいいこと。そして日本語で「トヨタ」と書いた場合、総画数が縁起がいいとされる「8画」になること。さらに創業者の苗字である「トヨダ」から離れることで、個人の会社から社会的企業へと発展するという意味も込められた。

ネッツ


Netz


(トヨタ)
ネッツエンブレム










ネッツのエンブレム・ロゴはNetzの頭文字である「N」をシンボリックかつ繊細に表現することでネッツ店独自の存在感やプレミアム感をアピールしている。
ブランド名の「ネッツ (Netz)」は「Network of Energetic Teams for Zenith (最高を求めてエネルギッシュに活動する組織)」の頭文字に由来する。また、Netzはドイツ語で「ネットワーク」を意味する。
ネッツはトヨタが展開するブランドの一つ。

レクサス


LEXUS


(トヨタ)
レクサスエンブレム









レクサスのエンブレム・ロゴは頭文字「L」に由来する。
ブランド名の「レクサス」の由来については4つの説があるが、公式見解が無く、どれが正しい説かは未だに明確になっていない。

最も有力な説:雑誌「BEYOND BY LEXUS」
レクサスは「ラグジュアリー」と「最先端テクノロジー」を表す造語。ブランド名を決定する際に他にも「アレクシス」や「レクシス」が候補に挙がった。これは、レクサスの立上げをはじめとするトヨタ自動車における海外展開の指揮をとった石坂芳男氏の見解。

2つ目の説:著書「レクサス トヨタの挑戦」
ドイツ語の「Luxus(贅沢)」からの造語。

3つ目の説:著書 "The Lexus Story: The Behind the Scenes Story of the #1 Automotive Luxury Brand in America"
ブランドの立ち上げに関わったニューヨークの広告会社によると「レクサス」に特定の意味はない。

4つ目の説:経済誌Forbesの記事
Luxury Exports to the U.S. (アメリカ合衆国への高級輸出品)の略。

レクサスはトヨタが展開するブランドの一つ。

ホンダ


HONDA

ホンダエンブレム










自動車用のホンダのエンブレム・ロゴはHONDAの頭文字である「H」マークを車のハンドルのようにあしらったデザインを採用している。一方でオートバイ・スクーター用は翼の羽根をイメージしたものを専用のエンブレムとして採用している。これはそれぞれの開発分野の独自性を示す意味を持っている。
社名・ブランド名の「本田」は創業者である本田宗一郎の名前に由来する。

アキュラ


ACURA


(ホンダ)
アキュラエンブレム










アキュラのエンブレム・ロゴはホンダのエンブレム「H」マークを逆にした「A」に起縁し、エンブレムの造形は品質と精度の象徴でもあるノギス、カリパス、コンパスを象ったものに手を加えて「A」マークと見えるようにデザインされている。
ブランド名の「アキュラ」は「Accuracy (正確さ)」を連想させる造語である。また、アルファベット順に並べた場合に、他のどのブランドよりも先頭にくることが考慮されたとも言われる。
アキュラはホンダが展開するブランドの一つ。

日産


NISSAN

日産エンブレム










日産のエンブレム・ロゴは元々ダットサンで使われていたものがベースで、吉崎良造と田中常三郎がシボレーのマークにヒントを得て、赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーをいれ、真ん中に白で横一文字で「DATSUN」と書いたデザインが前身となっている。その後、文字を筆記体のカタカナで「ニッサン」と書き直し日産コンツェルン全体の社紋として普及するが、戦後の財閥解体とともに日産自動車のみの社紋としてローマ字表記の「NISSAN」に変更となった。創業50周年を迎えた1983年にはアメリカのペンタグラム社が制作したロゴ及び指定フォントに一新される。2001年には1999年以降のゴーン体制下の社内コンペで募集され、より立体的なロゴ及び書体に一新された。このとき採用されたロゴのサンプルはかつて社長を務めたゴーンのオフィスに飾られていたという。
社名・ブランド名の「日産」はかつての出資元であった日本産業株式会社の略に由来する。

インフィニティ


INFINITI


(日産)
インフィニティエンブレム










インフィニティのエンブレム・ロゴは無限の彼方へと向かう開けた道と富士山を表している。
ブランド名の「インフィニティ」は「無限 (infiniti)」を意味する。綴りは英語の「infinity」ではなく、イタリア語の「infiniti」である。この名称は1987年7月に決定された。
インフィニティは日産が展開するブランドの一つ。

ダットサン


DATSUN


(日産)
ダットサンエンブレム










現在のダットサンのエンブレム・ロゴは第2世代目(2010年代~)であり、過去のダットサンが持っていた信頼性や力強さなどのDNAをモダンに表現している。メインカラーは「信頼性」を示す青を採用している。初代エンブレムは吉崎良造と田中常三郎がシボレーのエンブレムにヒントを得て、赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーを入れ、真ん中に白で横一文字で「DATSUN」と書いたもの。

ブランド名の「ダットサン」は出資者の田健治郎、青山禄郎、竹内明太郎のそれぞれの頭文字であるD、A、Tと英語でSUN (太陽)を組み合わせた造語に由来する。DATには逃げるウサギのように非常に速いことの例えである「脱兎 (だっと)のごとく」という意味もかけられている。
1914年に完成した初号車両は脱兎号 (DAT CAR)と名付けられた。1930年に完成した車両は「DATの息子」の意味のDATSON (ダットソン)と名付けられた。同時にDATの定義がDurable (耐久性がある)、Attractive (魅力的な)、Trustworthy (信頼できる)に改められている。ただ、SONが日本語の「損」に聞こえ縁起が悪いということから、1932年に英語で同音のSUN(太陽)に変え、DATSUN (ダットサン)とダットサン商会の吉崎良造が改名した。
ダットサンは日産が展開するブランドの一つ。

プリンス


PRINCE

プリンスエンブレム
プリンスエンブレム









プリンスのエンブレム・ロゴは「PRINCE」の頭文字を象ったもの。プリンス海運株式会社では今でもこのエンブレムが使われている。
社名・ブランド名の「プリンス」は1952年に皇太子明仁親王が立太子礼を行ったことを記念して、新型車に付けられた車名に由来する。

マツダ


MAZDA

マツダエンブレム










マツダのエンブレム・ロゴのデザインは、マツダが提供する商品やサービスの価値を象徴としており、V字型の翼には「成長」「改善」「柔軟な思考」「創造力」「活力」「優しさ」「困難に立ち向かう力」の意味が込められている。現在のデザインは1997年に採用された。「自らたゆまず改革し続けることによって、力強く、留まることなく発展していく」というマツダの固い決意が21世紀に向けて羽ばたくMAZDAの「M」の形で表現されている。

社名・ブランド名の「マツダ」は創業者である松田重二郎の苗字と、古代オリエント文明の最高神「Ahura-Mazda (アフラ・マズダ)」に由来する。「松田」と「マズダ」の発音が似ている事に因んで松田重二郎が命名した。日本語表記は「マツダ」、英語表記は「MAZDA」と2つの意味を持つ。

アンフィニ


ẽfini


(マツダ)
アンフィニエンブレム










アンフィニのエンブレム・ロゴは無限を意味する「∞」をモチーフとしている。
ブランド名の「アンフィニ」はフランス語で「無限」を意味する名詞/形容詞「infini」の発音記号に由来する。「アン」の発音記号はギリシャ語の「ε」の上にチルダ「~」を加えた文字「ɛ̃」が使われている。
アンフィニはかつてマツダが展開していたブランドの一つ。

オートザム


AUTOZAM


(マツダ)
オートザムエンブレム










オートザムのエンブレム・ロゴは三つの連なる山のようなデザインと青と赤で構成されているが明確な由来は分かっていない。
ブランド名の「オートザム」は自動車のAUTOMOBILEとマツダ (MAZDA)のスペルを逆から読んだADZAM (アドザム)を合わせた造語に由来する。
オートザムは過去のマツダの5チャンネル体制の1つで「あなたの街の身近なカーショップ」をコンセプトとし、遊び心を大切にするカーライフの創造を目指したいとの思いが込められている。
オートザムはかつてマツダが展開していたブランドの一つ。

ユーノス


EUNOS


(マツダ)
ユーノスエンブレム










ユーノスのエンブレム・ロゴは十二単の襟部分がモチーフとなっている。
ブランド名の「ユーノス」はラテン語のEu (喜び)と英語のNumbers (集まり)からの造語で「よろこびのコレクション」の意味である。
ユーノスはかつてマツダが展開していたブランドの一つ。

スズキ


SUZUKI

スズキエンブレム










スズキのエンブレム・ロゴの「S」マークは社名のSUZUKIの頭文字である「S」をデザイン化したものである。1958年(昭和33年)につくられ、車両やバイク製品、印刷物、看板などにスズキのシンボルとして今も使われている。発展するスズキのイメージを表すものとして広く親しまれている。
社名・ブランド名の「スズキ」は創業者である鈴木道雄の名前に由来する。

スバル


SUBARU

スバルエンブレム










スバルのエンブレム・ロゴのデザインである「六連星マーク」はおうし座にあるプレアデス星団を型取ったもの。大きな星が富士重工、小さな5つの星が吸収合併された5社、富士工業、富士自動車工業、大宮富士工業、宇都宮車輌、東京富士産業を表しており、この6社を「統(す)べる」=「統合する」との意志が込められている。スバルエンブレムが初めて採用されたのは1958年登場のスバル360であり、スバル360の基本デザインを担当した社外工業デザイナーの佐々木達三が、富士重工業の社内募集案をベースに手を加えたデザインを採用したのが起源である。以後何度かのデザイン変更が行われ、途中で実際の星座の配列を無視した形となりながらも、星6つ(大1、小5)の基本モチーフは継承され現在に至っている。

社名・ブランド名の「スバル」もおうし座のプレアデス星団に由来する。富士重工業初代社長の北謙治により命名された。富士重工業株式会社改め、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透していた「SUBARU (スバル)」を新たに採用し「株式会社SUBARU」に社名変更した。スバルは六連星 (むつらぼし)とも呼ばれ、奈良時代の古事記や日本書紀、平安時代の「枕草子」にも「すばる (昴)」の記述を確認できる古語である。1955年に富士重工業が自動車市場への参入を狙い開発した乗用車「スバル 1500」でスバルの商標が初めて使用された。

ダイハツ


DAIHATSU

ダイハツエンブレム










ダイハツのエンブレム・ロゴの「D」マークは社名のDAIHATSUの頭文字である「D」をデザイン化したものであり、1966年に登場している。
社名・ブランド名の「ダイハツ」は「大阪の発動機」を略した「大発 (だいはつ)」に由来する。社名に「発動機」を冠する後発メーカーがいくつも出現し、発動機をどこで造った発動機か認識するため顧客の方で「大阪の発動機」と区別して呼び始めたことが始まり。
大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部、現大阪大学工学部の前身)の研究者を中心に、1907年に「発動機製造株式会社」として創立された。

三菱


MITSUBISHI

三菱エンブレム










三菱自動車のエンブレム・ロゴであるスリーダイヤマークや社名・ブランド名の「三菱」は創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが元となっている。創業者の岩崎弥太郎の家紋「三階菱」と土佐藩の藩主である山内家の家紋「三ツ柏」を合わせたもので、明治43年に現在の三菱マークが誕生した。また、三菱マークが赤いのは、岩崎弥太郎が所有していた船の旗が白地に赤のスリーダイヤであったことに由来する。

光岡


MITSUOKA

光岡エンブレム










光岡自動車のエンブレム・ロゴは紀元前800年頃に生まれた「車」の象形文字に由来する。なお「車」の象形文字は馬車や牛車を表現している。「いつまでも原点を忘れない」ために「車」の文字の原点である象形文字が元となった。
社名・ブランド名の「光岡」は創業者である光岡進の苗字に由来する。

いすゞ


ISUZU

いすゞエンブレム
いすゞエンブレム









いすゞのエンブレム・ロゴはISUZUの文字をシンプルでモダンにデザインしたワードマークが採用されている。「世界中のお客様に、心から満足していただける商品とサービスを創造し、社会に貢献するとともに、人間性豊かな企業として発展する」という企業理念をシンボリックに表現したもの。1974~1991年に使用されていたエンブレムに象られた2つの柱は「お客様とともに伸びゆくISUZU」「社会との調和のもとに伸びゆくISUZU」を象徴している。
社名・ブランド名の「いすゞ」は伊勢神宮内を流れる五十鈴川に由来する。
創業は1916年で東京石川島造船所と東京瓦斯電気工業が自動車製造を企画したことが始まり。1922年にはウーズレーA9型国産第1号車を完成。1949年にいすゞ自動車株式会社という社名に変わった。

日野


HINO

日野エンブレム










日野のエンブレム・ロゴはHINOの頭文字の「H」を象徴し、未来に向けて挑戦し続ける日野自動車の活力と発展性を表現したもの。地平線から昇る太陽、日の出というイメージである。 左右に引き合う形はHINOのハイテクノロジーと環境の調和を、左右に広がろうとする強い力は未来の飛躍を、そして矢印は安全な行き帰りというトラック・バスメーカー積年の願いともなっている。その他にも中央のラインは輸送道路、左右の曲線は幹線と末端をつなぐ「流通」の一体感などをも願って表現されたもの。
社名・ブランド名の「日野」は本社の所在地である東京都日野市日野台の地名に由来する。

三菱ふそう


MITSUBISHI FUSO

三菱ふそうエンブレム










三菱ふそうのエンブレム・ロゴはFUSOの文字を基にデザインしたワードマークとスリーダイヤを組み合わせとなっている。スリーダイヤマークや社名・ブランド名の「三菱」は創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが元となっている。創業者の岩崎弥太郎の家紋「三階菱」と土佐藩の藩主である山内家の家紋「三ツ柏」を合わせたもので、明治43年に現在の三菱マークが誕生した。また、三菱マークが赤いのは、岩崎弥太郎が所有していた船の旗が白地に赤のスリーダイヤであったことに由来する。
社名・ブランド名の「ふそう」は三菱重工業の前身である三菱造船にて、1932年に第1号車のB46型乗合自動車が誕生した際に付けられた愛称「ふそう」に由来する。社内公募により愛称「ふそう」決定された。ふそう (扶桑)とは、古くより中国の言葉で「東海日出る国に生じる神木」を指し、日本の異称としても使われてきた。扶桑の木は扶桑花 (ぶっそうげ)と呼ばれ、一般的にハイビスカスとして知られている。

UDトラックス


UD TRUCKS



(旧

日産ディーゼル


NISSAN DIESEL

)
UDトラックスエンブレム
日産ディーゼルエンブレム









UDトラックスのエンブレム・ロゴである「UD」の文字は1955年に発表された単流掃気式2サイクルエンジン (Uniflow Scavenging Diesel Engine)が開発された時にデザインされた、UとDからなる赤い丸のマークが起源となっている。現在ではUDの二文字はUltimate Dependability (究極の信頼)として、企業の理念に受け継がれている。
社名・ブランド名にも採用されている「UD」には「Ultimate Dependability (究極の信頼)をお客さまに提供し続ける存在になる」という、企業としての強い意志が込められている。

※会社名・ブランド名をタップorクリックすると車両画像が表示されます。




 Home  >  日本車 エンブレム・ロゴの由来 一覧

Language English - Japanese  


日本

アメリカ

ドイツ

フランス

イタリア

イギリス

スペイン

日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン

スウェーデン

チェコ

ロシア

オーストラリア

韓国

インド

マレーシア

スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア

Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.