Home  >  三菱 車名の由来 一覧  >  車種別

Language English - Japanese  



eKクロス eK X - 三菱 - 車名の由来と意味

車名(和名)

eKクロス

車名(英名)

eK X

メーカー名

三菱自動車工業株式会社

車体形状

トールワゴンタイプの軽乗用車

車種概要

4代目eKワゴンと同時に発売された「SUVテイストのクロスオーバーモデル」である。先代eKワゴンのスポーティ版である「eKカスタム」に代わり、三菱自動車の強みであるSUV的要素を取り入れた軽自動車として開発された。三菱自動車工業と日産自動車が共同出資するNMKVがマネジメントを行い、三菱自動車が生産する点は先代eKワゴンと同様だが、三菱自動車主導で開発された先代と異なり、商品企画・車両開発を日産自動車主導で行うなど、新たな開発・生産プロセスにより誕生した。

由来と意味

eKは「いい軽」という響きに字を当てた造語。
X (クロス)はSUVらしい力強さをハイトワゴンに掛け合わせた(クロスさせた)ことから命名している。

車名誕生年月

2001年10月 (=販売開始年月)


ek_x ek_x


トヨタ
レクサス
ホンダ
日産
マツダ
スズキ
スバル
ダイハツ
三菱
光岡
いすゞ
日野
三菱ふそう
UDトラックス


Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.