Home  >  ドイツ車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



オペル OPEL - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

オペルエンブレム
オペルエンブレム
オペルエンブレム
オペルエンブレム
オペルエンブレム






オペルのエンブレム・ロゴは「稲妻」を意味するドイツ語の「Blitz」に由来する。オペルの長い歴史の中で様々なロゴが生まれており、 「ブルーアイ」ロゴは1910年から車両のエンブレムに採用された。このロゴは目の形に見えるが、実際にはツェッペリン型飛行船を表現している。 続いてツェッペリン型のボンネットマスコットは1937年から採用された。これらのツェッペリンは人間の革新と技術進歩の象徴を飾られている。 1950年代には飛行機の翼のようなデザインが追加され、多数のバリエーションのロゴが作成された。現在の「Blitz」ロゴは1964年から採用されている。

オペルは、1862年にアダム・オペルによってリュッセルスハイム・アム・マインにミシンメーカーとして設立された。1886年には自転車の製造を開始し、1899年に最初の自動車を製造、1929に上場した後にゼネラルモーターズ(以下GM)に過半数の株式を取得され、1931年には子会社化された。GMの傘下において、オペル車は北米ではビュイック、英国ではボクスホールのブランドで販売されていた。そして、2017年3月、フランスのグループPSAはGMからオペルを買収することに合意した。

社名・ブランド名の「オペル」は創業者であるアダム・オペルの名前に由来する。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.