Language English - Japanese  

back to name list page

ポルシェ PORSCHE - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

https://www.carnameemblem.com/porsche_emblem.jpg



参考
シュトゥットガルト市の紋章:

https://www.carnameemblem.com/stuttgart_emblem.jpg

ヴュルテンベルク州の紋章:

https://www.carnameemblem.com/wurttemberg_emblem.jpg

ポルシェのエンブレム・ロゴは2つの紋章を組み合わせている。外側はかつての西ドイツ・ヴュルテンベルク州の紋章に由来し、中央の「跳ね馬」はポルシェの本社があるシュトゥットガルト市の紋章に由来する。シュトゥットガルト市はかつてのヴュルテンベルク州の州都であったが、現在は合併されたバーデン=ヴュルテンベルク州の州都である。シュトゥットガルト(Stuttgart)の「Stutt」はドイツ語の雌馬「Stuten」に由来し、「gart」はドイツ語の庭「garten」に由来する。シュトゥットガルトは日本語にすると「雌馬の園」という意味になる。

ポルシェ (正式名:Dr. Ing. h.c. F. ポルシェ AG) は、チェコのエンジニアであるフェルディナント・ポルシェにより1931年に設立された。設立当初は、自動車開発業務の受託とコンサルティング業務が主であり、自動車そのものを製造することはなかった。第二次世界大戦中には重戦車の設計にも関与している。
ところで、ポルシェロゴの由来には3つの説がある。アメリカ人側の主張によると、1951年にニューヨークのレストランで、フェルディナント・ポルシェの息子のフェリーとアメリカのポルシェ輸入販売業者であるマックス・ホフマンが食事している最中に、フェリーがナプキンに描いたロゴが元になったとのこと。そのデザインをフェリーがドイツに持ち帰った後、自社のロゴとして仕上げたと言われている。一方で、ドイツ人側の主張によると、ポルシェのロゴは、1937年にフォルクスワーゲンのロゴをデザインしたフランツ・クサヴァー・レインピーズによってデザインされたとのこと。第三の説として、両方の主張が正しい可能性もあり、フェリーがアメリカから持ち帰ったデザインをフランツ・クサヴァー・レインピーズが仕上げたという可能性もある。いずれにせよ、1952年末、ポルシェ356 スピードスターのステアリング上に最初のポルシェのロゴが採用され、1954年11月にはボンネットハンドルの上にもロゴが採用された。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.