Home  >  ドイツ車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



ヴィーズマン Wiesmann - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

wiesmann wiesmann
ヴィーズマンエンブレム










ヴィーズマンのエンブレム・ロゴはシルバーのヤモリ(ゲッコー)であり、同社の哲学「ヤモリが壁に張り付くように道路に張り付く車を作ること」を表現している。

ヴィーズマンは、オープンカー(コンバーチブル)関連のカスタムを専門とする自動車メーカーである。 同社は1988年に、エンジニアのマーティン・ヴィーズマンとビジネスマンのフリードヘルム・ヴィーズマンの兄弟によって設立された。その後、2014年5月に一時的に事業を閉鎖したものの、同社のホームページによると2020年に新しいモデルの発表と同時に事業再開する予定とのことだが、2021年1月時点ではまだ再開されていない。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.