Home  >  日本車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



レクサス LEXUS - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

lexus lexus
レクサスエンブレム




1989






【エンブレム・ロゴの由来】

レクサスのエンブレム・ロゴは頭文字「L」に由来する。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

レクサスはトヨタが展開する高級車ブランドである。北米では1989年から、日本では2005年から展開されている。
レクサスのエンブレム・ロゴは1987年半ばにデザインされ、1988年に正式発表された後、1989年に北米で発売されたLS (日本名 トヨタ セルシオ)に初めて装着された。LSは好調な販売を記録し、高級車ブランド市場への参入を成功させるきっかけとなった。当時のアメリカではリンカーンやキャデラックなどの重厚で伝統的なデザインを採用した高級車が一般的であったが、レクサスは日本車ならではの信頼性や経済性の高さの実現、比較的安価な価格設定により、その伝統的な牙城を崩すことに成功している。
北米では成功を収めた一方で、欧州ではメルセデス・ベンツやBMWに代表される高級車ブランドの根強い人気に対して苦戦を強いられる結果となる。
日本国内のレクサスブランド展開は2003年2月に正式発表され、2005年からGS、SC、ISの販売が開始。日本事業の開始と同時期に「カーデザインをアートの領域まで高めるという意思」を示すデザインフィロソフィー「L-finesse (エルフィネス)」が定義され、世界戦略を見据えたブランド再構築が行われた。L-finesseは「予:SEAMLESS ANTICIPATION - もてなしの心につながる時間軸を表現」、「純:INCISIVE SIMPLICITY - 本質を究めたシンプルさ。明快な主張」、「妙:INTRIGUING ELEGANCE - 面や線の変化で生まれる、感性に響く深み」の3つの要素で構成されている。
2008年には認定中古車販売店舗 レクサスCPO (Certified Pre-Ownedの略)の展開が始まり。
2018年には「クルマに留まらない驚きと感動の提供」に向けた挑戦の象徴としてラグジュアリーヨット「LY650」が発表された。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.