Home  >  イギリス車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



ロータス LOTUS - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

ロータスエンブレム










ロータスのエンブレム・ロゴは蓮の形が由来になっており、同社が創業開始した1948年にデザインされたもの。蓮がモチーフになっている理由は、ロータスが英語で「蓮」を意味するためである。「LOTUS」の文字の上のマークはアルファベット「A,C,B,C」を組み合わせたもので、ロータスの創業者であるアンソニー・コリン・ブルース・チャップマン (Anthony Colin Bruce Chapman)の頭文字に由来する。背景色の黄色は太陽やエネルギー、喜びを表現し、緑色「ブリティッシュ・レーシング・グリーン」はスピードや情熱を表現している。
社名・ブランド名の「ロータス」はチャップマンが1949年に製作したレーシングカーの名前に由来する。蓮が車名に選ばれた理由については二つの説がある。一つ目は、徹夜のレーシングカー製作に疲れ果てて、チャップマン達は居眠りをしてしまった。その様子がまるで車が神話の力で人を眠らせているように見えたため、仏教やヒンドゥー教にも関わる蓮の花を連想したという説。二つ目は、チャップマンの妻でありビジネスパートナーであったヘーゼルが提案した名前という説がある。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.