Home  >  アメリカ車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



シボレー CHEVROLET - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

chevrolet chevrolet
シボレーエンブレム










シボレーのエンブレム・ロゴは伝承と将来像を表しており、1913年以降の販売車両に採用されている。その形が蝶ネクタイに似てることからボウタイ(bowtie)の愛称で親しまれている。そのボウタイの由来には4つの説があるが、どれが正しい説かは未だに明確になっていない。

最も有力な説:シボレーの共同創設者であるウィリアム・デュラントの妻の証言によるもので、1912年に休暇中のデュラントがバージニア州で出版された新聞記事からアイデアを得たというもの。有力な理由としては、デュラントがシボレーのボウタイを発表した同時期の新聞に、ボウタイによく似たデザインの広告 Coalettes「小さな石炭」が掲載されていたためである。

2つ目の説:1908年にデュラントがフランスのホテルに滞在した際、部屋の壁紙のデザインに触発されたというもの。

3つ目の説:デュラントの娘の証言によるもので、夕食時に父親がナプキンでボウタイの形を作ったというもの。

4つ目の説:シボレーの創設者であるルイ・シボレーはスイス出身であり、スイス国旗の十字架に敬意を表してボウタイをデザインしたというもの。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.