Language English - Japanese  

back to name list page

クライスラー CHRYSLER - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

https://www.carnameemblem.com/chrysler_emblem2.jpg
https://www.carnameemblem.com/chrysler_emblem4.jpg
https://www.carnameemblem.com/y07.jpg
https://www.carnameemblem.com/chrysler_emblem6.jpg
https://www.carnameemblem.com/chrysler_emble5.jpg

https://www.carnameemblem.com/chrysler_emblem3.jpg

クライスラーのエンブレム・ロゴは、その歴史の中で何度もデザインが変更されている。1920年代半ばから1950年代半ばまでの間、クライスラーが生産する車両にはブランドの最初のロゴである「ゴールドシール」が採用されていた。そのロゴは会社設立時の初期メンバー18人の1人であるオリバー・クラークによりデザインされたもので、シーリングワックスとリボンにより構成される。クラークの証言によると、このシールはクライスラーが誇る品質の代名詞とのこと。ロゴに装飾される稲妻模様は「Z」を象ったものであり、チーフエンジニアのフレッド・ゼダーに因んで命名されたゼダーの試作車に対する敬意が表現されている。その後、ゴールドシールのロゴは1954年に廃止され、1955年から1980年代までのクライスラーの量産モデルには一貫性のあるバッジが搭載されることはなかった。
ゴールドシールが復活したのは1990年になってからで、従来のシーリングワックスを模したデザインは踏襲しつつ、シルバーウイングの中心に配置された。このウィングドシールロゴは2009年頃までの量産モデルに装着されている。

2009年に発表された新しいロゴでは、シルバーウイングはよりエレガントなデザインに変更され、伝統的なゴールドシールは廃止された。代わりに青色の背景にクライスラーの文字を象ったプレートに置き換えられている。伝統的なゴールドシールは失ったものの、洗練されたデザインにより、よりモダンな印象を与えるロゴに生まれ変わった。

クライスラーにはペンタスターロゴもあるが、こちらはコーポレートアイデンティティに使用されている他、1963年から1970年代までの量産モデルの助手席側フェンダーの下側に飾られていた。このロゴは1960年代初頭にリッピンコット&マルグリーズ社から提案されたもので、800を超える他の候補デザインの中から選ばれている。ペンタスターの形は5つの自動車部門を意味するものではなく、当時のクライスラーの社長 リン・タウンセンドが会社が有する全てのブランドを表す新しいシンボルが必要と判断した1962年に作成された。
なお、クライスラーという名前は創業者のウォルター・クライスラーに因んで名付けられた。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.