Language English - Japanese  

back to name list page

ダッジ(ラム) DODGE(RAM) - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

ダッヂラムエンブレム
ラムエンブレム
ダッヂエンブレム








ダッヂのエンブレム・ロゴは、雄羊の頭を象ったものが有名であるが、そのロゴに至る以前は様々なデザインが採用されている。ダッヂ・ブラザーズのイニシャル「D,B」を組み合わせた丸い盾型のロゴ、未来への進歩と前進を意味するブーメラン形状を2つ重ねたロゴ「Forward Look」、三角型のロゴ「Flatzog」、赤いペンタスターとダッヂの文字を組み合わせたロゴなど。
ラム(雄羊)は権威、力、恐れ知らず、活力を意味する。1930年代初頭、ダッジ車のボンネット上には雄羊のマスコットが装飾されていた。1990年代になるとボンネットマスコットは時代遅れになり、雄羊をモチーフとしたロゴの必要性に迫られた。その後、誕生した雄羊のロゴは1993年から2010年の間のほぼ全てのダッヂ車に装着された。
2009年にフィアットがクライスラーを買収した際、ラムは単独のブランドとして独立することになったため、ダッヂで使われてきた雄羊のロゴをラムブランドに譲渡することになった。ラム製トラックの強度やパワーのイメージに雄羊のロゴが合致したことが理由である。ラムブランド車の2011年モデルから雄羊のロゴが使用されることが決まり、ダッヂも新しいロゴが必要となった。

ダッヂはナイキのロゴをデザインしたことで有名なワイデン&ケネディ社と共に新しいロゴを検討することになった。ダッヂはラムのイメージを捨て去り、新しいブランドの方向性「永遠に若い気持ち」とパフォーマンス主導の歴史を刻むことを強調したかった。そのため、ロゴ検討チームはダッヂ バイパーを開発したクライスラーのSTR (Streetand Racing Technology) グループの人気に注目した。結果として、Dodge文字の後に2本の赤いスラッシュマークを付与したロゴが完成。赤いスラッシュマークはスピードと敏捷性を意味する。当初、新しいロゴの使用範囲は広告や販促商品などに限定すると発表されていたが、2012年モデル以降のダッヂ製量産車のグリルに装着されることになった。

ダッヂは、1914年にホレイショ・ダッヂとジョン・ダッヂの兄弟によって社名「ダッヂ・ブラザーズ」として設立されたのが始まり。元々クライスラーの子会社だったが、現在はFCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ) グループに属する自動車メーカーである。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.