Home  >  フランス車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



アルピーヌ ALPINE - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

alpine alpine
アルピーヌエンブレム アルピーヌエンブレム アルピーヌエンブレム アルピーヌエンブレム アルピーヌエンブレム

1958

1962

1971

1991

2017

アルピーヌエンブレム



2017






【エンブレム・ロゴの由来】

アルピーヌのエンブレム・ロゴはALPINEの頭文字である「A」と左方向の矢印で構成されている。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

1955年、アルピーヌはルノーディーラーの経営者兼レーシングドライバーであったフランス人のジャン・レデレにより、ノルマンディーのディエップに設立された。設立前のレデレはルノー4CVを改造した車両を駆り、ミッレミリアやクープ・デ・ザルプを含む多くの主要なレースイベントでクラス優勝を獲得するほどの実力者であった。その優勝がきっかけとなりレデレは1954年にアルパインの企業ロゴをデザインし、会社を設立することになるが、暫くの間は車両にこのロゴが採用されることはなかった。
1956年、アルピーヌ初の量産モデルであるA106が製造開始されるが、この車両のエンブレム・ロゴには赤い盾の中にルノーダイヤモンドとフランスの国土が描かれたデザインが採用されている。
1958年、アルピーヌのエンブレム・ロゴが初めて採用されたのはA108となった。そのデザインは「A」と左方向の矢印を組み合わせたシルバーメッキのものであり、フロントフェンダーの側面に飾られた。
1962年、A108の後継車となるA110では、ステアリングハンドルの中央に白と青の背景で構成された丸いエンブレム・ロゴが採用されている。また、1984年以降のGTA (日本名:V6ターボ) では、それがフロントバンパーの中央に飾られるようになる。
1971年から製造開始されたA310のスタリングハンドルには黒い背景のエンブレム・ロゴが装着されたが、黒い背景のものはこれが最初で最後となる。
1991年、フランス国旗を模したトリコロール柄が追加された新たなデザインのエンブレム・ロゴが誕生し、A610のフロントバンパーに装着された。その後、1995年にA610の量産が終了するとブランドは一旦途絶え、アルピーヌは暫くの間、ルノー車の製造に注力することとなる。
2012年になるとルノーのCEOであるカルロスゴーンがアルピーヌの復活を発表、2017年にはブランドとA110が復活を遂げ、新デザインのエンブレム・ロゴがフェンダーとステアリングハンドルに飾られた。


【車名の由来】

A106の「106」はベース車である4CVの型式R1062に由来する。
A108はR1090 ドーフィンをベースとしたため、命名ルールからすると「109」となるはずであったが、なぜか「108」となっている。
A110の「110」はベース車であるR8の型式R1110に由来する。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア



Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.