Home  >  フランス車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



ヴェンチュリー VENTURI - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

ヴェンチュリーエンブレム
ヴェンチュリーエンブレム
ヴェンチュリーエンブレム


1985

1989

2000




【エンブレム・ロゴの由来】

ヴェンチュリーのエンブレム・ロゴには白隼が狩猟用のグローブに乗っている様子が描かれている。V字に羽を広げた白隼はパワー、スピードの象徴であり、グローブはその力を人間がコントロールできるということを表現している。配色の青、白、赤はフランス国旗を彷彿とさせる。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

1984年、フランスの自動車会社 ユーリエで働いていたエンジニアのクロード・ポワローとジェラール・ゴッドフロイによってMVS (Manufacture de Voitures de Sport = スポーツカー製造会社 の意味)が設立されてからヴェンチュリーの歴史は始まった。1984年のパリモーターショーでは、最初のプロトタイプモデル「Ventury」が発表された。このモデル名のスペルは「Venturi」ではなく、最後の文字が「y」となっていた。パリモーターショーは、後にセールスマネージャーに就任する実業家兼フェラーリ愛好家であるエルベ・ブーランと出会うきっかけにもなり、1986年に「Venturi」の名で量産モデルが発表されたのもエルベ・ブーランが、スペルの最後を「i」に変えるようにと意見したためである。
1985年9月、社名「MVS」が描かれた初代エンブレムはジェラール・ゴッドフロイにより生み出された。エンブレムの背景には会社・ブランドの発祥の地であるペイ・ド・ラ・ロワール地方を表すシンボルの赤が使われており、赤い楕円形は太陽を彷彿とさせる。
1989年、グザヴィエ・ドゥ・ラ・シャペルがCEOに任命され、社名は「MVS」から「Venturi (ヴェンチュリー)」に変更された。同時にエンブレムデザインも一新され、青、白、赤と白隼のエンブレムが誕生した。
2000年、ヴェンチュリーは経営破綻し、モナコの実業家 ギルド・パッランカ・パストールに買収された。本社をモナコに移転した上で、経営方針が大きく変更され、電気自動車事業に注力することとなった。また、同時に新しいV字デザインのエンブレムが誕生した。新しいエンブレムが誕生したものの、カーレースでの輝かしい過去を忘れないようにとの意味合いで白隼のエンブレムの使用は継続された。車両に装着される際は新しいV字のエンブレムと白隼のエンブレムは上下に並べて配置される。
2004年、ヴェンチュリーは世界初の電動スポーツカーとなる「Fétish」を発表した。


【社名・ブランド名の由来】

社名・ブランド名の「Venturi」及び、プロトタイプのモデル名の「Ventury」の明確な由来は分かっていないが、冒険を意味する英語「venture」や流体力学で用いられる「ベンチュリ効果」を彷彿とさせる。元々「Ventury」であった名称をエルベ・ブーランが「Venturi」に変えたいと意見した理由として、「Ventury」のままだと世紀を意味する英語「century」を彷彿とさせるため、最後を「i」に変えてヨーロッパ風にしたかったという意図があったと言われている。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア
Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.