Home  >  インド車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



マヒンドラ&マヒンドラ Mahindra & Mahindra - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

mahindra mahindra
マヒンドラエンブレム
マヒンドラエンブレム
マヒンドラエンブレム


1947

2000

2021




【エンブレム・ロゴの由来】

マヒンドラ&マヒンドラのエンブレム・ロゴは頭文字「M」に由来する。その抽象的かつモダンなデザインには様々な想いが込められている。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

1945年に会社が設立され、その2年後から乗用車の生産を開始。それから50年以上の間、乗用車には主にMahindraの文字をシンプルにデザインしたワードマークが採用されていた。
その後、ロード・アヘッドの愛称で親しまれるエンブレム・ロゴが2000年に誕生。遠くに伸びる道のように見えるMのような形には、明るい未来に向けた可能性、先を見越した製品の技術革新、そしてお客様の強い想いを支えられるサービスの提供という想いが込められている。
ツイン・ピークスと呼ばれるデザインは2021年に発表されたもの。マヒンドラ&マヒンドラの副社長兼デザイン部門の最高責任者であるプラタープ・ボースによって考案された。プラタープ・ボースのコメントによると、このデザインは、完全なスタイルや車両制御、安全なセキュリティにより、お客様が自らの価値観を大事にしながら、好きなときに好きな場所へ行くことができるという開放感を表現している。デザインに内在する2つのMは、広大でエキサイティングな未来の象徴であり、それをSUV製品で具現化し「不可能を探る」という精神の現れである。
なお、従来のロード・アヘッドのエンブレム・ロゴは引き続き、商用車や農機具製品で使用される。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア

Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.