Home  >  日本車 エンブレム・ロゴの由来 一覧  >  各社別

Language English - Japanese  



アキュラ ACURA - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

acura acura
アキュラエンブレム



1989






【エンブレム・ロゴの由来】

アキュラのエンブレム・ロゴはホンダのエンブレム「H」マークを上下逆にした「A」に起縁し、その造形は品質と精度の象徴でもあるノギス、カリパス、コンパスを象ったものに手を加えて「A」マークと見えるようにデザインされている。


【エンブレム・ロゴと会社の歴史】

アキュラはホンダが展開する高級車ブランドである。
1986年にアメリカ合衆国、カナダにて展開が始まり、同ブランドにおけるレジェンドとインテグラの販売が開始された。開業早々、自動車ブランド別の顧客満足度調査において第1位を獲得し、プレミアムブランドとして知名度を広げることに成功している。
アキュラのエンブレム・ロゴが初めて装着されたのは1990年に北米で発売されたNSXである。創業からそれまで間は「ACURA」の文字を象ったエンブレム・ロゴだけが装着されていた。
レクサスやインフィニティよりも早く北米の高級車市場への参入を実現できた理由として、早期の現地基盤構築ができていたことが挙げられる。具体的には1982年にオハイオ州の現地生産工場を設立していたこと、1985年にホンダR&Dアメリカ社の技術開発センターを設立していたことが関係している。現在ではブランドの世界展開も進んでいるが、日本同様にアキュラブランドをあえて導入しない地域もある。なお、2005年に日本導入が発表されたが、2008年には世界金融危機の影響により白紙撤回された。



日本
アメリカ
ドイツ
フランス
イタリア
イギリス
スペイン
スウェーデン
チェコ
ロシア
オーストラリア
韓国
インド
マレーシア



Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.