Language English - Japanese  

back to name list page

日産 NISSAN - エンブレム・ロゴの由来と意味と歴史

日産エンブレム










日産のエンブレム・ロゴは元々ダットサンで使われていたものがベースで、吉崎良造と田中常三郎がシボレーのマークにヒントを得て、赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーをいれ、真ん中に白で横一文字で「DATSUN」と書いたデザインが前身となっている。その後、文字を筆記体のカタカナで「ニッサン」と書き直し日産コンツェルン全体の社紋として普及するが、戦後の財閥解体とともに日産自動車のみの社紋としてローマ字表記の「NISSAN」に変更となった。創業50周年を迎えた1983年にはアメリカのペンタグラム社が制作したロゴ及び指定フォントに一新される。2001年には1999年以降のゴーン体制下の社内コンペで募集され、より立体的なロゴ及び書体に一新された。このとき採用されたロゴのサンプルはかつて社長を務めたゴーンのオフィスに飾られていたという。




Copyright © 2011 YURAIJIMA All Rights Reserved.